【レビュー】至高のBluetoothワイヤレスイヤホン「RHA MA750 wireless」がやっぱりコスパ抜群で素晴らしい

更新日:

どうもこんにちは。しむ(@46sym)です。

過去幾度となくイヤホンを買い換えてきて、ようやく落ち着いたのが2015年の夏頃。当時購入したのはコスパもよく最強の呼び声も高いRHAのMA750iというイヤホン。

15,000円程でしたが、音質的にはさらに上位のイヤホンと遜色ないレベル。30,000円くらいのイヤホン買うくらいならMA750買っとけば間違いねぇぞってくらい最高の品質でした。

関連 【レビュー】1万円台最高峰のおすすめイヤホン !コスパ最強のRHA MA750iを徹底レビュー!!

 

これからも使い続けるつもりだったのですが、iPhone7以降イヤホンジャックが撤廃されてしまったんですよね。

ライトニング端子-イヤホンジャック変換コネクタが同梱されているものの、これはそろそろワイヤレスへ移行しないとまずいなぁなんて思いつつ、でもワイヤレスは総じて音質が下がるんだよなぁという思いから、今までワイヤレスイヤホンは敬遠してきました。

一度だけ、心ときめいたワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン「BOSE Quiet control 30」を購入しましたがやはり音質面で満足できず、有線最強を確信。

関連 【レビュー】BOSE 「QuietControl 30(QC30)」開封!ワイヤレスイヤホンを革新する圧倒的品質の高級イヤホン!!

 

悶々と調べていたら、いつのまにか発売されていたんですよね。愛して止まないRHA MA750のワイヤレスバージョンが。

そりゃあもう心踊ったよね。満足できる無線イヤホンに出会ったも同然。もう大勝利しか見えない。

長い前置きから始まりましたが、そんな感じで「RHA MA750 wireless」購入しました!

先に結論を書いちゃうけど、音質に悩んでいたワイヤレスイヤホン難民なら即購入してOK!迷っている時間がもったいない位、この値段で買えるワイヤレスイヤホンでは最強最高です!!

まだまだ迷ってる方は続きのレビューも読んでいってね。

 

RHA MA750 wireless 開封レビュー!

まずは定番の開封レビューから。外箱も美しい。。。

 

背面には日本語の説明は無し。RHA大好きなのでもっと日本人贔屓してほしい。

 

側面には付属品一式がイラストで図解。

 

RHAのイヤホンは3 year warranty。そう、三年保証なんです。実際MA750iは三年ちかく使ったわけだけど、断線もなくまったく不調を訴える事もなかったのですごく良いイヤホンだと思う。

 

反対側面にはピックアップポイントが。防塵防汗性能があったり、NFCだったり。その中でも気になるのは「includes COMPLY」の文字。そう、あの高性能で高級なコンプライのイヤーピースが標準で付属しているのです。

なかなか別売のイヤーピースを買うってしない人が多いと思うので、こういったサービスは嬉しい。イヤホン沼が身近になっていく。

 

パカパカっと開けていくと本体お目見え。

 

こんな所にもおすすめポイントが一覧で。

 

本体はシールで未開封状態が保たれています。前に進んだら元の関係には戻れないヤツ。

 

本体をどけたら色々下にありました。

 

全部だした

 

イヤホンケースはチープになった代わりにコンパクトに。個人的には全モデルの方が好き。(左:前モデル 右:ワイヤレスモデル)

 

ついてくるイヤーピースもだいぶ変わりました。(左:前モデル 右:ワイヤレスモデル)

 

コンプライ!コンプライだよ!!

 

なんか付いてたちっちゃいフクロには

 

これまたイヤーピース。別出しされるとなくす気しかしない。

 

もうひとつはいってた黒い物体はケーブル止めるヤツ。小さすぎてiPhoneで撮るのツライ。

 

ようやく本体のレビュー。このネックバンド、シリコン製なんだけどフヨフヨ柔らかくて気持ちいい。そんでもってめっちゃ軽い。全然邪魔にならないし負担にもならない。すごい。

 

左肩の先端には「RHA MA750 wireless」の文字が。Androidの人はここのNFCにぺトッとしてペアリングしたらいいよ。

 

右肩の先端には「45B」「STAINLESS STEEL 303F」と。

RHAのステンレスはほんと上質でクラクラするくらいなんだけど、耐久性と高品位を両立した303Fステンレス鋼ってやつを使ってるんです。すごいんです。

 

右肩には充電ポートと電源ボタン。USB-TypeCポートです。

 

と言うわけでUSB-TypeCケーブルも付いてくる。アダプターは付いてこない。PC給電で十分って事なんですかね?

 

iPhoneとMA750 wirelessをペアリングしたい場合は、ここの電源ボタンを長押し。ピカピカ点滅したら、iPhoneのBluetoothリストに出てきます。

 

リモコンは前モデルを踏襲した形。「-」「・」「+」の3つのボタンに分かれてます。背面にはマイクの穴も空いてる。

このリモコン、+とーはもちろん音量ボタンなんだけど、センターの「・」で色々できます

  • 1回クリック:音楽の再生・停止 / 通話
  • 2回クリック:音楽の曲送り / 終話
  • 3回クリック:音楽の曲戻し

と言った有能ぶり。最近よくあるヤツだけど、スマートに色々できるのはよいよね。

 

ハウジングももちろんステンレス製。上質すぎてスベスベしたい・・・

 

並べるとどっちが先代モデルか分からない位には同じ様なデザイン。

 

唯一違うのは、ワイヤレスモデルはハウジングにマグネットを内蔵している事。ワイヤレスの場合は有線と違って落として紛失してしまう可能性もあるので、こういったニーズに応える差別化ほんと大切。すき。

 

画像はここまで。

 

RHA MA750 wirelessをしばらく使ってみて感じた事

と言うわけで大好きなMA750のワイヤレスモデル。しばらく使ってみました。

これは良いですよ!というべた褒めが続きます。もういつ買ってもOK。みんな早くポチって。

 

首掛けの負担をほとんど感じない軽量性

普段からカメラばっかりぶら下げている首なので、多少の重さは全く気にならない。という問題は置いておいて。

これめっちゃ軽いです。シリコンネックバンドがまた絶品で、シリコンってあんまり好きじゃなかった僕ですが、これは認識を改めました。

ほんとめっちゃくちゃ快適。ワイヤレス最高

 

iPhoneとMA750 wirelessの接続がめちゃくちゃ楽

最初のペアリングさえ済んでしまえば、電源ONと同時に自動的にiPhoneに接続されます。逆に電源をOFFにすればiPhoneとの接続も解除されます。

電源を入れるタイミングで、イヤホンの中で「残り◯◯%です」というメッセージを喋ってくれます。英語で早口で喋ってくれます。まぁ簡易的にでも分かるのは便利。

ちなみに12時間連続利用可能で、バッテリー持ちは最高に良いです。

 

音漏れも十分防げる

巷で大流行しているAir Podsなんかはケースから取り出したら自動で接続されるのでさすがに利便性では負けますが、オープン型のイヤホンは電車内の音漏れが気になるんですよ。漏れてる人みるとストレスハンパないじゃないですか。

過去にこんな記事を書いているのですが、通勤、帰宅時間にちょこちょこと読んで頂いてます。きっと同じ様な気持ちの人が少なからずいる証拠ですよね。

関連 電車でiPhoneの付属イヤホンから爆音で盛大に音漏れしてるやつとは100回死んでも友達になれない

RHA MA750は以前のモデルから十分に音漏れをしない、遮音性能をもっていました。今回のワイヤレスモデルももちろん、音漏れの観点では安心して利用できるかと思います。

 

音質も十分、というかかなり良いぞ。良いぞ。

音質に関しては有線至上主義だと思っている僕なのですが、このRHA MA750 wireless、無線にも関わらずかなりの高音質なイヤホンです。

そもそも、このRHA MA750 wirelessは高音質な2つの無線コーデックであるAACとaptXに対応しています。

POINT!

AACとaptXはどちらもBluetoothで音声を送信する際の圧縮規格で、音質がよいとされるもの。難しい事は考えずにaptX最強、AACも良い、くらいに覚えておいてください。

 

ただ、僕はiPhoneで利用しているのでaptXは利用できず、AACになってしまうのですが、十分すぎる音質を担保できているかと思います。

使い初めこそ高音が少しザラついている様に感じましたが、1週間ほど利用する中でだいぶ落ち着きました。低音も今はしっかり出てます。たぶん。

BOSEのQuietControl30(QC30)も以前購入して試しましたが、半額とは思えない。個人的な好みで言えば、MA750 wirelessの圧勝です。

有線モデルのMA750iと同様に、高音、中音、低音とバランスよく鳴らしてくれます。バランスが良いと言ってもそれぞれが不足する事なく、艶やかに解像しているので、どんなジャンルの音楽にも合わせやすいのではないでしょうか。

 

RHA MA750 wireless。無線時代に持っておきたい高品質なワイヤレスイヤホン!

やっぱり今回もベタ褒めで終わってしまいました。RHAほんとすき。

iPhoneからイヤホンジャックが撤廃されて以降、多くのメーカーがワイヤレスイヤホンを開発、販売しています。で、そういったワイヤレスイヤホンってどれもこれも高いんですよね。

稀に2000円くらいの商品もありますが、大体が6000〜10000円くらいするんですよ。

どうせそこまでお金を払うんだったら、中途半端な買い物をせずに、新しい世界に踏み込んで見てほしいな、と思います。

RHAのイヤホン、初めて買うにはちょっと高いと思います。ですが、必ず値段以上の価値があります。

少しでも興味を持った方、ぜひ一度試してみてください。世界が変わりますよ!!

 

ぜひこの記事も読んでほしい!

イヤホンを買い換えるのも良いですが、音質を劇的にアップさせたいのであればDAP(デジタルオーディオプレーヤー)を入れ替えるのが最良だったりします。

最高のDAPを購入レビューした記事があるのでぜひ参考にしてみてほしい。

【レビュー】 SONY WALKMAN「NW-ZX100」は「音を聴く」を追求した最高峰のDAPである。【MP3プレイヤー】

どうも。しむ(@46sym)です。 2016年はいろいろ買ったり、いろいろレビューしてきたりしてたのですが、本当にオスス ...

続きを見る

 

やっぱり無線イヤホンは音質が気になる…有線が一番だよなぁという人はこのイヤホンの有線タイプ「RHA MA750i」がおすすめ。こちらも一万円台のイヤホンで4~5万円のイヤホンに劣らない実力派です。

ma750i-1
【レビュー】1万円台最高峰のおすすめイヤホン !コスパ最強のRHA MA750iを徹底レビュー!!

どうもこんばんは。最近一気に暑くなりましたね。 僕はここ1年半ほど「SHUREのSE215SPE-A」というイヤホンを使 ...

続きを見る

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
            
  • この記事を書いた人

しむ(コトバコ管理人)

カメラほしい

-デジモノ
-, ,

Copyright© KOTOBAKO - コトバコ , 2018 All Rights Reserved.