新型MacBook Air (2018 Retina)のトラックパッド保護フィルムを購入レビュー

投稿日:2019年2月11日 更新日:

MacBookの特筆すべきメリットのひとつとしてよく挙げられるのが「トラックパッドがすこぶる快適」という事。

これは本当に他の追随を許さない心地よさで、これがあるからMacOSから離れられないといっても過言ではないほど。

 

そんなトラックパッドなのですが、以前使っていたMacBookProは完全にノーガードで利用していました。4年くらい不満なく使っていたのですが、気づいたらほんの少し薄い傷が付いていたんですよね。

見た目を損なうほどではなかったのですが、トラックパッドは毎日かなりの回数触る部位。しかも指先で触れるものだから、些細な傷もどうしても気になってしまいます。

そんな以前の反省を活かして、今回は新型MacBook Air(Retina 2018)の購入と同時にトラックパッド保護フィルムなるものを購入してみました。

簡単に紹介しておきます。

 

購入時の記事はこちら

【レビュー】新型MacBook Air (2018 Retina)を標準構成で購入したファーストインプレッションと開封

 

新型MacBook Air専用のトラックパッド保護フィルムは、パワーサポートが販売

今回新たに発売された新型MacBook Air2018のトラックパッドは歴代のどのトラックパッドともサイズが異なります。

それはつまり、今まで発売されているどのトラックパッド保護フィルムも新型MacBook Airでは利用できないという事。

2019年2月現在、もっとも信頼できるMacBook Air retina 2018専用のトラックパッド用保護フィルムはパワーサポート社が出ているものがベストな選択。

もしかしたら他のメーカーも販売しているかもしれないですが、圧倒的な信頼を誇るのはやはりパワーサポート社。iPhone3Gからずっと不滅の人気を誇る、フィルターやシェルカバーを展開するブランドです。

 

外箱背面には説明書きが

 

セット内容はトラックパッド用保護フィルムのみ。「トラックパッドをいつまでも美しい状態に保ちます」ってまさに欲しい言葉をかけてもらった気分。

 

因縁の「PULL→」がここにも。

液晶保護フィルムの時の因縁はこちら

 

うん、知ってた。

 

入っているのは保護フィルム一枚のみ

 

保護フィルムを退けると貼り方の説明書きが書いてあったり。

 

ほら簡単そう。すごく簡単そう。

 

フィルム貼る前のトラックパッドを見収め。

 

これ保護フィルム。剥離シートは白い台紙になってる。

 

なので説明書通りに剥離シート上から合わせても何も見えない。これなんか意味あるの?

 

あとはぺりっと剥がして貼るだけ。

液晶みたいに光る部分ではないので、万が一細かいゴミなどが入ってしまってもそれほど目立たないと思います。とは言え、非常に貼りやすいシートなのでゴミが入る隙もないとは思いますが。

 

MacBook Air専用トラックパッド用保護フィルムで安心を手に入れる

初めてトラックパッド用の保護フィルムを貼ってみましたが、触り心地は上々。

サラサラしていて滑りも悪くないし、十分な厚みを持ったフィルムにも関わらず、反応が遅れたりなどの操作遅延も全くありません。

 

これで傷を気にせずに使える。そんな安心が1000円以下のフィルム一枚で手に入るというんだから、買わない理由が見当たらないですよね。

MacBook Airの購入時に、ぜひ合わせて購入したいアクセサリーの一つです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人

しむ(コトバコ管理人)

カメラほしい

-デジモノ
-, , , ,

Copyright© KOTOBAKO - コトバコ , 2019 All Rights Reserved.