ICカードも収納できる、天然革を使ったiPhoneSEのレザーケース!Vintage Revival Productionsの「i5 wear」がジャストフィットで感動した!

投稿日:

僕はこのケースに出会って、無事にiPhoneケースジプシーを卒業する事が出来ました。

 

どうもこんにちは、しむ(@46sym)です。

レザーケースはどうしても高価になりがちで、品質の高い商品はそれだけ値段も張るのですが、今回紹介するVintage Revival Productionsの「i5 wear」は高クオリティに反して低価格で購入できるのが特徴。

スマホを購入すると必ずと言っていいほどぶち当たるのがケース・カバー問題ですが、高品質なレザーを少しでも低価格で購入したいのであれば「i5 wear」一択になるのではないでしょうか。

同じシリーズで、iPhone6 /6s向けの「i6 wear」もあります。せっかくですので、iPhoneSE以外の方も最後まで見ていってくださいね。

 

スポンサーリンク

 

スタイリッシュなレザーケース!Vintage Revival Productions「i5 wear」を徹底レビュー!

という訳で購入してきました。今回は珍しく実店舗に足を運んで購入したので余計に所有欲が満たされる。

外箱はシンプルなブラックに箔押しでロゴが入ってます。クールでシンプルなデザインはそれだけで高級感ましまし。

I5wear img00001

 

他のスマホ用ケースも基本的には箱のデザインが一緒なので、商品名は簡単にシールをぺたり。今回はダークグレーを選びました。

I5wear img00002

 

内箱はスライドして引き出すタイプ。メッシュの袋になんか入ってる。

IMG 3986

 

袋から取り出すと、本体の他にカードが付いてました。

IMG 3990

 

カードはこちら。詳しくは後ほど説明しますが、ICカードを中に収納する事ができるので、IC定期券を一緒に持ち歩きたい方にもおすすめ。

IMG 3989

 

そろそろ本体を眺めていきましょう。内部に型押しされてるロゴがこれまたカッコよろしい。

I5wear img00003

 

見ての通り、「for iPhone5 / 5s」と書いてありますが、同型デザインのiPhoneSEにももちろん使えます。

I5wear img00004

 

スピーカー部分は適度に穴が開いており、通話品質も問題なし。光量センサーもちゃんと動いてるので穴の精度はかなり高い模様。

I5wear img00005

 

まだiPhoneSEを入れてないので歪んでるけど、底面。イヤホンジャック、ライトニングコネクタ、スピーカー部分それぞれに穴が開いてます。

I5wear img00006

 

側面から。マナースイッチ部分がくり抜かれているので、よく切り替える人も安心設計。なにこの見辛い写真。

I5wear img00008

 

反対側面は特に穴はなし。iPhoneの上面に当たる部分がせりあがっている様に見えますが、これは背面の留め具ボタンによるもの。iPhoneを装着してみると、この傾きがまたいい具合なのです。相変わらず見辛い写真。

I5wear img00007

 

ここで背面。このボタンが上で言った浮き上がりの原因。原因というか、おかげというか。

I5wear img00009

 

ちょっと解体してみます。まずボタンを外して

I5wear img00010

 

ベロをぺろんってして

I5wear img00011

 

ピラピラしてるのをベロンってします。

I5wear img00012

 

たぶんものすごく良く伝わったかと思うのですが、このレザーケース、実は一枚革で出来てます。

一枚の革で出来ていると言う事は、縫い付けがないのでステッチがないという事。その結果、よりシンプルなデザインが実現するのです。なのに安いすごい。

 

スポンサーリンク

 

そろそろ本体を装着していきましょう。まずはボタンを外して上部をめくり

I5wear img00013

 

ロゴの入ったプレート部分より表側に、iPhoneSEを差し込みます。ちなみにこのプレート部分を挟んで反対側に、ICカードを挿入する事ができます。(要磁気干渉防止シート)

I5wear img00014

 

表から見るとこんな感じ。

I5wear img00015

 

ぐいぐいと差し込んでいきます。

I5wear img00016

 

奥まで差し込んだら、軽く位置調整してボタンを留めるだけ。あら簡単ですこと。

I5wear img00017

 

スピーカーの開口部もジャストフィット。

I5wear img00018

 

マナースイッチ部分は広めに開いてます。これくらい開いていないとスイッチのON / OFFがかなり辛くなるので理想形。

I5wear img00020

 

反対サイドはシンプル。このままSIMトレイを取り出す事も可能かもしれませんが、革を痛めそうなのでSIMトレイの脱着は「i5 wear」を脱いだ状態で行った方が良さそう。

I5wear img00019

 

底面の開口部。マイクの部分に少しかぶり気味なのですが、「通話で相手に声が届かない」という事はありませんでした。

I5wear img00021

 

ホームボタン周辺も綺麗に裁断されていて、当たり前ですが指紋認証にも影響はありません。

I5wear img00022

 

iPhone5sにも対応しているので、カメラ部分も縦長のライトにフィットした形でくり抜かれています。(5のライトは丸かったよね)

I5wear img00023

 

四隅がチラ見えするのが最初は気になったけど、よく考えたらここまで奥まっていればまず外部からぶつける事はないし、何よりこの包んでる感じがキュートすぎてメロメロ。

I5wear img00024

 

「i5 wear」はシンプルでスッキリしたレザーケースを利用したい人にオススメ!

ここまで見て頂いて分かる通り、かなりシンプルなデザインになっており、天然革のしっとりした手触りを存分に楽しむ事のできるレザーケースです。

最初は手帳型のケースも検討しましたが、せっかくの小ぶりなiPhoneSEですから、シンプルにレザーカバーで決めてみるのも良いのではないでしょうか。

ピンクの本体にグレーのケースが相性抜群で、僕はもう大満足です。

 

他の革製品は安くても10,000円前後からのものが多い中、半額以下で購入出来るこのケース、めちゃくちゃオススメしちゃいますよ!!

 

iphone6 / 6sを利用している方はこちらがオススメ

 

SuicaなどのICカードを収納したい方は、こちらの干渉防止シートも忘れずに!

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-デジモノ
-, , ,

Copyright© KOTOBAKO - コトバコ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.