初めてのデジタルカメラ。購入時に必要な初期費用はどれくらい?

投稿日:

こんにちは。しむです。

初めてのデジタルカメラ購入講座として、いくつか記事を書き進めてきました。詳しくはこちらをご覧ください。

関連 初心者に捧げる、初めてのデジタルカメラの選び方

 

今日は初期費用のお話。

これからデジタルカメラを購入するために必要な予算について、まとめておきたいと思います。

 

確保したいデジタルカメラの予算は「10万円」

最初に答えを言ってしまうと、まず初期投資として10万円は欲しい所です。

僕は常々「新しい趣味を始めるなら10万円が上限」と言い切ってます。

初期投資に必要な額が高すぎるのはハードルが高すぎるし、何よりも万が一ハマらなかった時に無駄になる金額が痛い。

そんな理由もあって、初めてにおすすめのカメラ!と言って15万も20万もするカメラを紹介する人は個人的にはアウトです。

とは言え、デジタルカメラは結局のところ「家電製品」。新しくて高級なものほど、最新性能が搭載されて使いやすくなってます。

はじめの頃から便利な機能を使った方が慣れるのも早いし、高いカメラで抜群に綺麗な写真を撮る事が出来た方が今後のモチベーションが持続しやすいのも事実。

と言うところで、世代(性能)とコストでバランスの良いところを選ぶ必要が出て来るわけです。

 

デジタルカメラ購入にかかる費用の内訳

先日、デジタルカメラ購入時に必要なアクセサリーについて紹介しました。

関連 デジタルカメラ購入時に一緒に買いたいアクセサリー全まとめ

 

そう言ったアクセサリー類と、カメラの本体、交換レンズなんかも含めて「何にどれくらい予算を割くべきか」と言う内訳をまとめました。

 

関連アクセサリーは10000円くらい

ザクザク一つずつ買いて行きます。

 

SDカードは4000円。UHS-I U3に対応した64GBモデルで、通信速度、容量ともに安心できるもの。

 

保護フィルムはだいたい1000円くらい。リンクはα7シリーズ向けのものだけど、だいたい同じくらいの金額です。

 

レンズフィルター。フィルター径によって全然違うんだけど、最初のキットレンズならだいたい1500円前後かと。レンズ2本のキットだとして3000円

 

ドライボックスにブロアーとクリーニングペーパーがついて2000円ほど。

 

最低限買っておいた方がいいのはこれくらい。

合計するとちょうど1万円くらいです。

 

ボディ+ダブルレンズキットで8万円くらい

僕が今購入相談を受けたとして、一眼レフを希望する人にオススメするならこれ。

 

ミラーレスを希望する人であればすごく悩むけどこれかなぁ。

 

10万円を2000ほどオーバーしてしまうんだけど、EOSの最新ミラーレスもあり。価格コムだと2018年6月現在で最安値が92000円です。

 

本当はAPS-Cなら迷わずFUJIFILMをオススメしたいんだけど、ズームレンズ2本つけると10万に収まらないんですよね。

もう絶対ハマる確信がある、かつ、フルサイズまでは求めないのであればFUJIFILMがいいと思う。少し高いけどAPS-Cに最適化されたレンズ群はどれも優秀だから。

 

コンデジを買うならこれがいいかなぁ。がっつりいくなら最新型のRX100M5。少しでも安く抑えたいならRX100M3でもよいと思う。

 

と、まぁだいたい75000円から80000円くらいかかるわけです。

 

残ったお金でドレスアップを

ここまでに85000円から90000円くらいかかってる計算。

10万円の予算を確保できていれば、残りは1万円から1.5万円くらいはあるはず。

そのお金でストラップを購入するなり、グリップなんかを買うのもあり。

もちろん、レンズペンとかのメンテナンス用品や三脚も足りていないですし、もう少しだけカメラのグレードをあげちゃうなんていうのもありかもしれません。

でも、せっかく初めてカメラを買うのであれば、少しでもオシャレに自分だけのカスタマイズを加えたいですもんね。

きっとカスタマイズしたくなる事間違いなしなので、あえて1万円余裕を取ってみました。

 

これできっかり10万円で写真を楽しむ事ができます。やったね。

 

次の一手は撒き餌レンズ(低価格単焦点レンズ)

ここまでで紹介したカメラは全て「ダブルズームキット」というレンズ2本構成のもの。

少しでも多くの焦点距離を体験して、自分が好きな画角というものを身につけるためにも、僕はダブルズームレンズキットの購入をオススメしてます。

関連 【単焦点か】初めてのデジタル一眼レフカメラはダブルズームキット以外ないよね【ズームレンズか】

 

これで少し写真が楽しくなってきたら、ぜひ次に試して欲しいのが「単焦点レンズ」というもの。

ズームができない代わりに描写力をぐっと向上させたレンズです。

 

各社1本は「撒き餌レンズ」と呼ばれるレンズを出していて、まさに沼に呼び込むための撒き餌の様な単焦点レンズ。

赤字覚悟なんじゃないかってくらい破格で単焦点レンズ(しかもフルサイズ対応)を販売しており、描写力も一気に向上します。

特にCanonの撒き餌レンズは15000円と尋常じゃないレベルで安価な上に、写りもよい。下の記事の中で少し使っていますが、15000円とは思えません。

関連 【千葉県撮影スポット】Canon EOS 5D mark3と冬の九十九里浜【作例写真多数】

 

他のメーカーの撒き餌レンズは2~3万円と値上がりしてしまうので(それでも安すぎるくらい安い)、初めてのカメラで、色々な写りを楽しむならやっぱりまだCanonが一歩先を行く印象。

とりあえず10万円でまずはカメラを楽しんでください。次の沼が見え始めたら、ぜひ一度撒き餌レンズも手に取ってみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-カメラ初心者講座
-,

Copyright© KOTOBAKO - コトバコ , 2018 All Rights Reserved.