3日で分かった、新型Kindle Fire HD 8 2016のイイところとダメなところ

投稿日:2016年9月24日 更新日:

以前、もう一年以上前になりますが、こんな記事を書きました。

関連 3日で分かった、新型Kindle Paperwhite 2015のイイところとダメなところ

 

これから新しいガジェットを買うときは「3日で分かった」事を、その都度書いていくようにしたいと思います。

3日ってかなり絶妙な期間なんですよ。この時期に感じていたイイところは今でも良いと思いますし、逆に残念な部分も同じ。

と言うわけで今、Kindle Fire HD 8タブレット(2016)に思う、イイところとダメなところをまとめて置きたいと思います。

前の記事でも書いた通りだけど、「3日で分かる」と言う事は購入したら誰もが感じるイイところとダメなところ。

これから購入を検討している方の参考になればと思います。

 

スポンサーリンク

2017年モデルの新型 Fire HD 8との違いについて

(2017年07月追記)

2017年の新型モデルが発売してしばらく経ちますが、2016年モデルとの違いはSDカードの認識容量のみ。128GBまで認識→256GBまで認識にグレードアップしました。

裏を返すと、それ以外にスペックに変更はありません。代わりにお値段が1000円近く安くなりました。つまり、

「わざわざ2016年モデルから買い直す必要はないけど、今から買うなら素直に2017年モデルを買っておけば間違いないよ。」が結論になります。

レビューの内容も2017年モデルで特筆することはない感じ。それでは続きをどうぞ。

 

圧倒的なコストパフォーマンスを発揮する「Kindle Fire HD 8 (2016)」

数あるタブレットの最高峰!というわけにはいきませんが、費用対効果、つまりコストパフォーマンスを考えると最強のタブレットです。

とは言え、やはり人を選ぶタブレットである事は間違いありませんので、メリットとデメリットをそれぞれ書いておこうと思います。

 

Kindle Fire HD 8 2016のイイところ

3日で分かるイイところ。購入したら誰もが感じるであろう良いところ。前にも書いたこんな台詞。

 

値段が安い

何と言ってもこの値段。12,980円という価格でこのレベルのタブレットは他では手に入りません。

プライム会員であれば4000円オフの8,980円。はっきり言って異常な価格設定。

 

プライム会員の年会費がちょうど4,000円ほどなので、「Kindle Fire HD 8 2016を買うとプライムが1年間無料で利用できる」という感覚でプライムに加入するのも良いかもしれません。

ただ、実際には事前にプライムに加入してクーポンコードを適用する必要があるので注意。30日間の無料体験中でもプライム会員のクーポンは利用できるので、無料体験だけ実施するのもいいかもしれないですね。

参考 Amazonプライムを30日間無料体験

 

この先のメリットはこの価格設定に基づいた上での評価になります。お金を積めばいくらでも高性能でおしゃれなタブレットが手に入る時代なので、他と比べても仕方ない。

 

サクサク動く

マルチメディアタブレットである以上、最低限キビキビと動いてくれる必要があります。

数年前であればまだタブレットの普及率も低く、多少もっさりしていても許せる状態だったのですが、今は選択肢も多くありますし、好き好んでモサモサと動くタブレットは買わないですよね。

Kindle Fire HD 8 2016も現代のタブレットに相応しく、全く遅延なく動作してくれます。

 

画質(発色)がキレイ

画面の解像度は1280 x 800 (189ppi)と若干粗めなのですが、必要十分以上にキレイ。他の高精細液晶と見比べない限りは十分に満足できる画質です。

 Check Point

ppi = ぴくせるぱーいんち。1インチの中にどれだけのピクセルが詰まっているかの指標値。数字が大きい方がキレイと理解すればそれでOK。 

 

以前発売されたKindle Fire HDXタブレットというモデルはカラー再現率もRGBカバー率100%と言われていただけあり、こちらのKindle Fire HD 8タブレットも発色の良い出来になっています。(ただ、現時点でこのタブレットがRGBカバー率100%であるという発表は無いので、実際の所どうかと言われると分からないのですが)

惜しむらくは、少し青が強すぎて、若干青白い印象を受けること。青が強いとシャープでキレイな印象を与えるのですが、白が多い画面を見続けると目が疲れます。そう、目が疲れます。

 

読書の為のBlue Shadeを搭載

三度目ですが、目が疲れます。そんな時に使うのがBlue Shadeモード。

いわゆるブルーライトカットモードで、最近はiPhoneやAndroidにもおやすみモードみたいな感じで搭載されてますよね。

Kindle Fire HD 8のBlue Shadeはかなり強力。以下、暗いところではチカチカしてしまう、標準設定での読書。

Kindlefirehd8 goodandbad001

 

Blue ShadeをONにするといきなりオレンジに近い画面になります。こうしてみるとすごいオレンジ。

Kindlefirehd8 goodandbad002

 

Blue Shadeは設定画面から輝度と色味を変更することが可能。

Kindlefirehd8 goodandbad003

 

色味を変更して赤色ベースにした状態。

Kindlefirehd8 goodandbad004

 

嘘みたいな色合いですが、夜間に電気を消した状態で見てみると、ここまでの違和感はありません。

比較的すぐ慣れることもできるので、目の疲労を抑えるためにも暗いところでの読書はBlue ShadeをONにすべし!

 

ブラウザ表示が速い!

これ、ほんと早いです。

ちょっと前に書いた記事のコメント欄で、「Wi-Fiが11acという規格に対応していないですよ」 というご連絡を頂いたのでちょっと心配してました。

 Check Point

11acというのはWi-Fiの規格のひとつ。めっちゃ速いやつと思ってください。端末だけじゃなくてルーターも対応している必要がありますよ。 

 

で、ひとつ前の規格だと結構遅いようで心配していたのですが、ぶっちゃけ問題なし。

というのも、標準でインストールされているSilkブラウザって、サーバー側で諸々の処理をして、Fireタブレットでレンダリングする仕組みになってるんですよ。と、当時話題になりました。

よく分からない人は「Amazonがインターネットでがんばってくれて表示が速い」と思ってくれれば良いです。

普段iPhone 6sでネットサーフィンをしてる嫁にしばらく使ってもらったのですが、サクサク表示されて驚いてました。

ただ、スクロールはiOSのように指についてくるものではなく、Androidの慣性スクロールに近いです。なので慣れていない人にはちょっと違和感。

 

FireOSが安定してる

Androidベースの独自カスタマイズOSとなるFire OSなのですが、少し癖があるものの使いやすいOSです。

特にKindle Fire HD 8 2016が初めてのタブレットという人には特に悩む事もなく直感的に利用できるかと思います。

逆に言うと、自由度の高いAndroidタブレットに慣れている人は、操作感に戸惑うことや、不自由さにモヤっとする人もいるかもしれません。

悪く言えばユーザーを囲っている状態ではありますが、その反面、OSの安定性というメリットもあります。いい例がAppleのiOSですね。

 

いきなりクラッシュする事もなく、ソフトウェアが競合する事もないので、意図しない動作をする事がありません。

ユーザーがやりたい事を素直に実行してくれる、良いOSだと思います。

 

Amazonコンテンツの消費が捗る

そんな感じで囲いの強いOSの入ったタブレットですので、Amazonサービスとの連携はめちゃくちゃ強いです。

ちょっと気を抜けば有料コンテンツの「言の葉の庭」とか見ちゃうし気づいたらKindleコミック買っちゃうしもうめっちゃシームレス。

 

一流の消費者である僕としては望むところ。Amazon大好きっ子には最強の端末です。

 

Kindle Fire HD 8 2016のダメなところ

マルチメディアタブレットとして、残念なところ。普段タブレットを使っている人ほど思うであろう残念なところ。

 

意外に重い

 iPad mini4と比べると50gほど重いのですが、たった50gと侮ることなかれ。

本体の形状に依る所も多いのですが、これが意外に曲者で、なかなかの重量を発揮します。

特に布団で仰向けになりながらの動画視聴。これが意外に辛い。

僕は右手で3点抑えてホールド、腕を伸ばして動画という片手スタイルでの閲覧が多いのですが、めっちゃ不安定。

何言ってるか分からない人はこの写真見て。小指と薬指で、Fire HD 8の右下を裏側から抑えてます。当麻かっこよい。

Kindlefirehd8 goodandbad007

 

iPad mini4では、このスタイルでも比較的軽快に動画を見る事が出来るのですが、これがKindle Fire HD 8 2016では意外にきついの。

だんだんと左端がグラグラし始めて、指が痺れて落ち着いて閲覧できません。

素直に両手で持てば良いだけの話ですが、今までの使い方ができないのはちょっと気になる部分。

 

ほそながい

「 細長いから余計に重く感じる」とかそういう話じゃないんです。もっと致命的な問題があるんです。

そう。「コミックの見開き表示」という死活問題。

これ、バカにしちゃいけませんからね。このアスペクト比(タテヨコの比率)じゃ8インチというベストサイズが本領発揮できないんだよ…!!

つまりこれ。こういう事。

Kindlefirehd8 goodandbad005

 

同じページをiPad mini4で表示してみましょう。 

Kindlefirehd8 goodandbad008

 

 

もう分かってもらえたかと思いますが、この比率だと無駄な余白が生まれてしまうんです。

もちろん縦読みでは何の支障もありませんが、見開きなど迫力のあるシーンではやはり横向き表示に限るんですよ。東京喰種、見開き多すぎだよね。

 

漫画は何が何でも横向きで読みたい派なので、両端の余白はもったいなくて仕方ない。。。

同じ8インチタブレットでも、コミックを読むときはiPad miniが最高の選択肢になりそうです。

とは言え、その為だけに3万円を追加で払えるかと言うとそれはまた難しい。(iPad mini4は最低額が42,800円です)

 

Kindleとの連携がシームレスなだけにここは悔やまれる部分ですね。

 

バッテリーの持ちが悪い

これはもしかしたら僕の設定が悪いのかもしれません。(特に何も設定変更はしていないのですが…)

以前購入したKindle Fire HDX 8.9 (2013)は、何も触らずに一週間ほど放置しても何故かバッテリーが空になる事はありませんでした。

特に理由を探る事もなく、さすがKindleはe-ink以外の端末もバッテリーの持ちがいいんだなぁ、なんて甘い事を考えて居たのですが。

今回購入したKindle Fire HD 8 2016もなんとなく電池持ちは良いのだろうと思っていたのです。

が、本日家族で外出だったので1日ほとんど触れる事が出来なかったにも関わらず40%以上バッテリーが減っていました。……!?

ちょっとこれが普通なのか判断できません。さすがにここまでバッテリー持ちが悪いのは異常だと思うので、後ほど検証しておきます。

 

使ってる時も使ってない時もバッテリーの減りがあまり変わらないので、きっと何か動いちゃってるんだと思います。

 

googlePlay (Androidのアプリストア)が使えない

あまり多くは語りませんが、公式では GooglePlayは利用できない事になっています。気になる人は個別に検索してみてください。

こうしたタブレットやAndroidの仕組みに詳しい人には関係ない問題ですが、サッと開けてパッと使いたいような一般的な人々からすると、ちょっと難点になるのかな、と。

僕はそれほどAndroidのヘビーユーザーでもありませんし気にしてはいませんが、せっかくのタブレットですからね。やれる事は多いのも事実。

安定性とどちらを取るのか、という話に最終的には落ち着くかと思います。

 

まとめ

ここまで長ったらしく書いてきた事をまとめると、買ったら幸せになれる人とそうでもない人がはっきり分かってきます。

 

Kindle Fire HD 8 2016を買うと幸せになれる人

  • 安くて性能の良いタブレットを求めている人
  • 初めてのタブレット(簡単に使いたい)
  • Amazon大好きな人、Amazonプライム会員
  • 活字だけじゃなくて、漫画や雑誌もまとめて一台で読みたい人
  • ゴニョゴニョできる人

 

Kindle Fire HD 8 2016を買うべきではない人

  • 初めてのタブレット(これからいっぱいいじりたい)
  • Amazonのサービスを普段利用しない人
  • 活字読書のおまけとしてタブレットを求める人(タブレットは諦めてPaperwhiteを買うべき)

 

ざっくり言えば「2万円までなら買い」の一品

いろんなタブレットを触ってきて、今はIpad mini4とKindle Paperwhiteの2台に落ち着いていた僕ですが、このKindle Fire HD 8 2016、20,000円までなら買って損なし!と言い切れる、満足度の高い逸品です。

ガジェット界隈も多様化してますし、安いだけじゃ売れません。

かと言って性能と質を上げて高価な値段設定となると、iPadやXperiaあたりがライバル候補として挙がってきます。

今のガジェット界隈で考えた時に、2万円までならこのタブレットを購入しても良いな、と思えるほどには完成度の高い商品でした。

そんなタブレットが定価で11,980円。プライム会員で8,980円。個人的には今年一番のガジェットになりそうです。これはオススメできます、全力で買いですよ!! 

2017/07/10:さらに今ならプライムセールで5980円…!半額とかまじかすごい!!

 

純正カバーはスタンドにもなるタイプ。

 

保護フィルムだけ貼ってカバー無しの運用も良いなぁとか思い始めた。

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-Kindle, デジモノ・文具
-, , ,

Copyright© KOTOBAKO - コトバコ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.