コトバコかいてる人


画:ハチさん(@hachi_simple


コトバコ運営者のしむです。

2017年1月に一眼レフを手にして以来、カメラの沼に落ちました。

カメラや写真の話を中心に、気になるモノやコトについて色々書いてます。

どうぞ今後ともコトバコをよろしくお願いします。


詳しいプロフィールはこちら

千葉県 一宮町で写真友達いっぱい作ってきた #いちのみやフォトウォーク

投稿日:

こんにちは。しむ(@46sym)です。

総参加者が20名を超えた(詳細は分かってない)、一宮町で開催された「いちのみやフォトウォーク」。

事前募集の際も記事を書かせていただきました。

【事前募集開始】11月11日 千葉県一宮町で開催されるフォトウォークがすごく楽しそうなので皆おいでよ

続きを見る

 

本当にありがたい事に、記事公開から12時間で事前予約どころか参加枠が埋まったとの事です。すごいな一宮町。

そんな感じで11月11日に開催されたフォトウォークをざっくりと。

 

ちなみに僕が持っていった機材は

  • Nikon Z7
  • Carl Zeiss Otus 1.4/85
  • Carl Zeiss Makro-planar 2/50
  • RICOH GR2

なんか見た事ないのばっかりですね。僕もびっくりです。

 

それではどうぞ。

 

いちのみやフォトウォーク ハイライト

なんかいい感じの写真でもあげようかなと思ったんですけど、いろんな人とおしゃべりしながらウォークしてたのでフォトするの忘れました。途中からカメラごと人に貸してたので僕ほとんど写真撮ってませんでした。

20数名が結構固まって歩いていたので、やっぱりどうしても参加者が写り込んじゃうんですよね。ブロガーとしてはこれって結構つらい。

 

フォトウォークの流れなりは以前書いた告知記事の通りですし、他にもまとめてくれた方がいます。

うまい具合に人が写り込んでない写真だけ、ざっとハイライトで紹介。

一宮町のどこか懐かしい雰囲気や、フォトウォークの空気感を楽しんでもらえたらと思います。

 

集合〜まちあるき

当日の集合は寿屋本家(すやほんけ)。集合は〜10:15と少し早めですが、上総一ノ宮駅から徒歩五分という最高の立地です。

集合時間の5分前に駅についたのでもうセーフです。

 

撮りながら歩かなければ間に合ってました。

 

と言うわけで到着。寿屋本家です。

この寿屋本家。明治時代(だったかな?)から残る指定文化財のひとつ。中は参加者の休憩所として活用していたので載せられる様な写真を撮れていないのですが、内装も古き良き古民家です。

 

びっくりな事にこの寿屋本家、終日借りて6000円です。

1,2時間でも借りる事ができてその場合は数千円だとか。とにかく破格なので、ポートレートなどの撮影スペースとしてレンタルするのもありかもしれません。お近くの方はぜひ。

 

受付を済ませると観光局の方が準備してくれた町の紹介ビデオの鑑賞。そのあとは早々に撮り歩きに出かけます。

ちなみにまちあるきには一宮町の「いっちゃん」もきてくれました。

 

唯一写り込みがない写真がこんなので恐縮なのですが、角八本店という老舗の和菓子屋さん。今回のフォトウォークの参加者に和菓子のおやつを提供してくださったお店でもあります。

お土産に持ち帰ったら瞬殺で食べられたので写真撮りそびれましたが、とても美味しかったです。

 

玉前神社

 

フォトウォークの人数に加えてちょうど七五三シーズン。どちらを向いても人がいる状態だったので、なんとなく上を向いた写真が増えますよね。

 

そう言えば今回はモデルになってくれる方が同行してくれました。

一応モデルを撮りながら散策する班に属していたのですが、生粋のシャイボーイの僕ですから、全然ポートレート的なものを撮ってませんでした。うかつ…!!

後ろを振り向いた時にちょうどこちらに向かってたのでサッと撮った一枚がこちら。この日最初で最後のポートレートです。

急すぎてピントも合ってないのですが、きっとみんながよいポトレを放出してくれるはずなので待ってて。

 

観明寺

神社の後はお寺。古き良き建造物に満たされタイムです。

とか言いつつこちらのお寺もフォトウォーク参加者でワイワイしていたので遠景の写真は載せられる様なものがなく。

その代わりと言うわけではないのですが、(ちょっと悩んでたけど)中まで撮ってもOKと言っていただきました。

なかなかこう言った写真を撮る事はできないので貴重な経験をさせてもらいました。すごく色の扱いが難しい…。

 

なんか細い路地

全員ボケてるしこれくらいならセーフだろという一枚。ここに写ってるのは全てフォトウォークの参加者です。

実際は僕の後ろにも数名いるのでもう少し人数がいますが、こうしてみると凄まじい人数ですよね…。

あまりガイドさんの声を聞ける様な位置にもいなくてここがどこかも分かってないのですが、すごく良い感じの路地を歩いてました。

 

 

 

稲花酒造

酒蔵見学を快諾してくれた稲花酒造さん。今回の拠点からは距離があるとの事で、タクシーで向かいました。

 

酒蔵見学

酒蔵の中って普段見る機会なんてないじゃないですか。これがほんともう最高なんですよ。

薄暗い少しヒンヤリした空間に、柔らかく差し込む光。これだけでもう写欲が疼いて仕方ない。

 

僕にはこう言う薄暗い場所が性に合ってるんだろうなと思いながらずっとGR2でパシャパシャしてました。GR2はいいぞ。

 

試飲会!


さすが酒蔵、というわけで色んな日本酒を試飲させてくれます。まさに蔵出しの一杯。

通常は表に出していない様な原酒から少しフルーティな日本酒、まろやかな生酒となにこれこんな色々出してもらっちゃっていいの?

「なくなったら新しい瓶開けるので言ってくださいねー」とか女神がいた。ここに住もうかと思ったわ。

 

試飲自体は無料で、酒蔵内でももちろん販売してます。お気に入りの一本があったら買って帰りたいところですね。

 

自由散策(外に出ない)

自由散策として一宮町を自由に撮り歩く時間が1時間半くらいあった気がするんですけど、寿屋本家から一歩も出ずに過ごしました。

「茂原公園の桜」が激しくバズったまつざきくんと初めてお会いしたので、少し話し相手してもらいました。

 

普段はCanon EOS 80Dを使っているテイなんだけど、実は1DXmk2とD850を併用してるんだとか。「世界よ、これが茂原だ」のプロモーションで遊んで暮らせるだけの金を毎年茂原市から支援してもらってるんだとか。そんなオフラインで会わないと聞けない様な裏話は一切なかったんだけど、そうだったら良いのになと思ってます。

とにかく80Dで撮影してるとは思えない様な素晴らしい写真を多く撮る人で、一度会って見たかった千葉の写真クラスタの一人。

(非常に残念な事に)人懐っこくて愛嬌のある好青年でした。

 

実際に持っていたカメラもレンズも、それこそ三脚も雲台もすごく使い込まれた機材ばかり。レベリングベースも5000円くらいで買えたんですよ!と。自分色にカスタムしていくのが最高に楽しいんだ、と。

おじさん眩しすぎて消失しそうでした。

少し見習いたいなと思います。

 

プロのライティング講座が始まる

この寿屋本家の2階で、突如ライティング講座が始まりました。講師は実際にブツ撮りを仕事にしているKazuKiさん(@Kazuki_K09)。

フォトウォーク中もこの後の懇親会も仲良くしていただいて、最初から最後まで一緒に遊んでくれたすごくよい人。

 

主催のSaka_oymさんが持ち込んでいたブツ撮り用の機材(初心者向けのお手頃のやつ)を使ってサクサクとライティングの説明をしてくれました。

ストロボ一灯でサクッとモデルに指示を出して、撮った写真がこんな感じ。

(盗用防止の為にウォーターマーク入れてますが、撮ったのは僕じゃないです)

背景の準備ができなかったり、初めての機材だったりでもこれだけの写真をサクッと撮れるんですよ。僕がレタッチするなんておこがましいので完全に撮って出しです。

色々テクニックになるものは聞かせてもらいました。なにこのガチな感じのフォトウォーク。全然歩いてないけど。

 

ちなみに今回モデルを担当してくれたのはコシバミズキくん(@mizuki_koshiba)。中央大学理工学部写真会で部長を務める方です。

ちょっと話を聞いていたのですが、学生の写真部って思ってた以上にレベルが高い…。いやここの写真会がガチなだけなのかな。

毎月の様に展示を行なっていて、次に行われるのは【十二月展「フィルム展」】

本気のフィルム写真が展示される様で、プリント展示の他、大判ポジフィルムの展示もあるんだとか。

僕知らなかったんですけど、大判ポジフィルムってフルサイズ35mm判の約15倍。デジタル界隈で今話題の中判のさらに5倍のサイズになるらしいですよ。

中判ですらその大きさに慄いていると言うのに、さらに5倍とかどんな写真が撮れちゃうの…?やだこわい。

結構ちゃんと企画された催しの様で、以下の日程で開催されます。平日の日中帯なので社会人は難しいかもしれないけど、これは一見の価値がありそう。

特に大判ポジなんてそうそうみる機会はないのでは。フィルム界隈に興味がある人はぜひぜひ足を運んで見てください。

十二月展:フィルム展

会場:中央大学後楽園キャンパス 三号館 ABC会議室

期間:12/19(水)~12/21(金)9:00-18:00

入場料:無料

問い合わせ:中央大学理工学部写真会 Twitterアカウントまで(@chuo_photoclub

いいなぁ。僕も見てみたいなぁ。

 

懇親会!!

締めの懇親会は地域の素材を使った居酒屋「もんしち」さんで。1日一緒に過ごしたメンバーなので話も尽きる事なく弾みます。

Z7+Otus 85mmを「一度触ってみたい!」と言う人にどうぞどうぞと貸し出していたらグルーっと一周して帰ってきました。

僕が何も撮らなくても素材写真が溜まっていく!なにこれすごい!!

美味しそうなご飯写真、みなさんありがとうございました。

そんでもってみなさま1日ありがとうございました。

 

フォトよりも、ウォークよりも、出会いがある

今回参加したフォトウォークは、どちらかというとブロガー寄りではなくて、写真好きが集まるフォトウォーク。

そんな中で会う参加者は面識のない方が多くて、正直おいこれどうすんだよって思ってました。

でもだいたいみんなそんな感じなんですよ。それでも写真を撮るのが好きだから参加してるわけです。

写真の話したり、カメラの話をしたり。歩きながら色んな人と色んな話をして、たまに思い出したようにシャッターを切る。

そんなライトな写活を、ゆったりとした時間の中で楽しんできました。

 

特に僕はカメラ界隈では異端だろうと言う自覚もあるし、「お前は写真を撮るのが好きなんじゃなくてカメラが好きなだけだろ」と言うテンプレコメントも割とそこそこの頻度で頂きます。

今回は千葉県屈指の写真クラスタ「チーム房総」のメンバーが主催するという事で、写真好きが集まる場所。正直なところ「僕みたいなやつは心の中でディスられてるんだろうな」と怯えがあったりしながらの参加でした。が、本当にそんな心配は不要でした。

共通の趣味だから、と言うことを差し引いても、本当にみんないい人ばかり。

名前まで覚えることができたのは数人ですが、本当にみんなの優しさに救われたフォトウォークでした。気さくに話しかけてくれたみんなありがとう。また遊んでください。

 

そして何より、これだけのフォトウォークを企画してくれたsaka_oymさんと一宮町の皆さんの協力があってこそ、ゆったりとした時間を楽しく過ごせました。本当にありがたい、素敵な1日でした。

気になってたみかん大福も食べそびれたし、今度改めてプライベートで行ってみようと思います。

 

千葉でゆったりとした時間を過ごして見たくなったら、みなさんもぜひ一宮町に足を運んでみてくださいね。そこらへんのおばちゃんが普通に話しかけてくる、古き良き日本が楽しめますから。

 

おまけ:プロが撮るOtus 1.4/85

今回のフォトウォークで仲良くなったKazukiさんにしばらくZ7とOtus 1.4/85を預けていたのですが、めちゃくちゃ素晴らしい写真を量産してました。

僕のカメラとレンズだとは思えない様な写真が大量に保存されていたので、少し紹介させてください。こちらも撮って出しです。

 

さぁ、プロの技術に震えるがいい…!!

(例のごとくウォーターマークは盗用防止。僕は撮ってません)

本当にこんなにも違うのかと。宝の持ち腐れってこう言うことを言うんだな、と。

ただ、間近で撮影風景を見せてもらって、こうやってデータをじっくり見る機会をもらって、自分との大きな違いを知る事もできました。主に構図の作り方が全然違う。めちゃくちゃサクサク撮ってましたからね。

 

今度遊びに連れて行ってもらお。

 

おまけのおまけ:ナイスポトレが届かない。

私信:わっちー(@0924666)へ。まつざきくん(@ohisamaking)が撮ったナイスポトレはまだですか?

 

以上、今回のフォトウォークで知り合う事ができたみなさん、今後もぜひ仲良くしてください!

 

他の参加者の #いちのみやフォトウォーク の記事はこちら

千葉県一宮町を観光と写真撮影「星空・海・サーフィン・歴史」の街 | カメラアマ

「いちのみやフォトウォーク」外房の風を感じて。 | マイルに溺れて

いちのみやフォトウォーク - 昼も夜もないブログ

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
            
  • この記事を書いた人

しむ(コトバコ管理人)

カメラほしい

-写真の話
-

Copyright© KOTOBAKO - コトバコ , 2018 All Rights Reserved.