【作例写真】RICOH GR3 サブカメラには最高のコンデジかもしれない

投稿日:

こんにちは。しむ(@46sym)です。

先日に引き続き購入したカメラのお話。

システムの入れ替えに合わせて、サブカメラとしてRICOHのGR3を購入しました。

少し前にほしいほしいと言っていたカメラですが、欲しいカメラ=買うカメラです。よろしくお願いします。

【ほしい】RICOH GR Ⅲ (GR3)がコンデジ無双すぎて欲しい

 

この記事、書くべきか悩んだんですけど、ひとまず購入報告も兼ねて記事にしておく事にしました。

ちらっと作例も載せているので、気楽な気持ちで読んでください。

 

突き抜けた一台と、それを支える一台

先日からカメラの構成を考えるにあたり、デジタルカメラは2台に絞りたいという思いがありました。

一台は突き抜けた最高のカメラ。そう思って購入したのがFUJIFILMのGFX 50Sで、実際に使ってみても突き抜けた一台だと感じています。

【作例写真】FUJIFILM GFX 50S ファーストインプレッション!心が震える、中判デジタルの世界

 

ただしデカくて重い。その機動性の悪さをカバーするために購入したのがこのGR3。首からぶら下げていてもまるで存在を感じさせないカメラで、圧倒的な携帯性。

「いつでもカメラを持ち歩ける」そんな幸せを噛み締める為のカメラとして購入したと言っても過言ではありません。

普段メインで利用しているのが中望遠になる事が増えていたので、焦点域をカバーするためにもGR3の換算28mmは最適だったんですよね。

クロップ機能までフル活用すればメインカメラと合わせると幅広くカバーできます。

  • GR3: 28mm, 35mm(クロップ), 50mm(クロップ)
  • GFX50S: 40mm, 50mm(クロップ), 80mm, 100mm(クロップ)

これだけカバーできるならありだな、と思ってしまったんですよね。

突き抜けた最高のGFX50Sと、それをサポートしてくれるGR3。最高の関係なんじゃないか、と。

 

RICOH GR3 ファーストインプレッション

ここからは実際にGR3に触れて感じた事を少しだけ。

半月くらい首からぶら下げて過ごしただけなので、ファーストインプレッションとして参考にしてください。

 

GR3はやっぱり小さくて薄い

分かっていた事だけど、やっぱりGR3は軽い。そして小さい。

FUJIFILMのX100Fよりも圧倒的に小さくて、X70よりも圧倒的に薄い。

APS-Cセンサーを搭載していて、余裕でポケットに放り込めるカメラってGRシリーズくらいしかないのではないでしょうか。

この携行性は唯一無二、ちょっと感動すら覚えるレベル。

 

GR3の秀逸なボタン配置

やっぱりGR3って操作性も良いと思うんですよ。

特にコンデジ界隈は小ささと操作性のバランスがすごく難しいと思うんだけど、GR3はその中でもかなり快適。

タッチパネルが搭載された事でフォーカスポイントの移動も楽になったので、無駄なボタンも減らす事もできて。

露出設定やフォーカスポイント、絞りやISOなどなど、普段の撮影でよく使う機能へのアクセスが非常によくなっている事が、撮影体験の向上に寄与してるのは間違いありません。

悪くない。

 

GR3の起動めっちゃ早い

びっくりしたのが起動の速さ。電源ボタンを押してから撮影可能になるまでが本当に早い。

握って、電源ボタンを押して、カメラを構える頃にはすでに撮影可能になっている感じ。

スナップシューターとしての座を不動のものとしているのは、こういったあらゆる面で「いつでも撮れる」を追求している結果なのだと思います。

 

GR3で撮った作例写真

まだあまり撮った枚数は多くないのですが、いくつか作例と呼べそうなものも載せておきます。

上の写真、普段の僕ならまず撮らない様な写真なんですけど、コンデジを持っているとついシャッターを切りたくなってしまう事ってありますよね。自分で撮ってて違和感あるけど。

 

想像以上にシャープな写りをしてくれるレンズ。曇天だった事もありアンダー寄りで撮影してるけど、十分粘ってくれる感じもあってすごくよいです。

 

夜間撮影は少しノイズも乗るけど、いい味になっていると思いませんか?この光の艶なんか、目で見た以上に色っぽい光に仕上がってて好き。

 

個人的に、光がキレイなレンズは良いレンズだと思ってます。このGR3もそう。こういう光の描写はかなり好み。

 

絞って撮れば本当にシャープ。現代のカメラは大体そうなのかもしれないけど、味のある質感をそのまま残してくれるコンデジ。そう。これはコンデジ。すごい。

 

今まで撮れなかったカンパイ写真もGR3なら簡単に。AFが効くってだけでもすごいのに、それが片手で使えるっていうんだから。新しいカメラってすごいなぁ。

 

GR3ではあんまり撮る事がないであろうポートレート。愛知銘菓のしるこサンド食してました。

 

RICOH GR3 「サブカメラとしてのコンデジ」の完成形

あくまで僕の場合は、という前置きが必要ですが「このカメラをメインとして1台で使うか。」と言われると恐らく答えはNo。

メインで使うカメラであればきっとファインダーが欲しくなってしまいますし、もっといろんな機能を求めると思います。

その代わりと言うわけではないのですが、気軽に、高画質に、いつでも撮れる。そんなサブカメラとしてはすごく優秀。

実は僕自身、ちょっとこのカメラの扱いに迷っていて、戸惑っているのが現状なのですが、それはまた改めて別の記事で。

 

「いつでも撮れる」を重要視したカメラの選択、大きなカメラではカバーできない撮影を求めている人であれば、十分以上の効果が得られる。

RICOH GR3、良いカメラだと思いますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
  • この記事を書いた人

しむ(コトバコ管理人)

カメラほしい

-一眼レフ・ミラーレス・コンデジ
-, , , ,

Copyright© KOTOBAKO - コトバコ , 2019 All Rights Reserved.