コトバコかいてる人


画:ハチさん(@hachi_simple


コトバコ運営者のしむです。

2017年1月に一眼レフを手にして以来、カメラの沼に落ちました。

カメラや写真の話を中心に、気になるモノやコトについて色々書いてます。

どうぞ今後ともコトバコをよろしくお願いします。


詳しいプロフィールはこちら

【随時更新】Nikon(ニコン)の新型フルサイズミラーレスの情報、噂まとめ

投稿日:2018年7月31日 更新日:

2018年7月25日、遂に開発発表されたニコンのフルサイズミラーレス。

普段こう言った記事を書かない僕が情報を追いかけてしまうくらいには興味津々です。

このページでは現段階までで発表されている情報や噂をまとめていきます。

それもこれも「自分の欲望を満たす為」という浅ましい理由なのですが、きっとこのページを役立ててくれる人もいるでしょう。

 

Nikon(ニコン)の新型フルサイズミラーレスに関する情報、時系列まとめ

この項目ではNikonが発表した新型フルサイズミラーレスに関する情報を時系列でまとめます。

 

2018年7月23日 ティザーサイトオープン

ニコンからティザーサイトがオープン。掲載されているのは動画一本のみ。

参考 Nikon | Special Event 2018

 

後半では噂のフルサイズミラーレスの映像と思われる映像を見る事ができる。

 

2018年7月25日 フルサイズミラーレス開発発表

ニコンから、フルサイズミラーレスの開発発表が公式アナウンスされる。

新マウントになり、旧来のレンズへのアダプターも同時発売とのこと。

参考 Nikon | ニュース | 報道資料:新次元の光学性能を追求した、新マウント採用のフルサイズミラーレスカメラとNIKKORレンズを開発

 

2018年7月27日 新製品発表日時のアナウンス

ティザーサイトのトップに新製品発表日時のアナウンスが表示される。

発表日時は2018年8月23日の午後1時から。

また、公式ツイッターアカウントでは新しい製品画像を公開。

 

こちらが上のツイートにあった最新画像

 

2018年8月2日 特設サイトでシルエットがわかる新動画を公開

特設サイト内で、新しい動画を公開。

参考 Nikon | Special Event 2018

 

動画内の後半で、フルサイズミラーレスのシルエットが公開されている。どう見てもマウント径がかなり大きい。期待が膨らむ。

 

Nikon(ニコン)の新型フルサイズミラーレス、現段階で分かっている情報

型番、発売時期、価格、全部未定

はい、全部未定です。

上でも書いた通り(ほぼ間違いなく)製品発表は2018年8月23日。期待して待つべし。

2018年9月26日〜9月29日までフォトキナが開催されるので、その周辺で発売ですかね?

 

新マウントへ移行!マウントアダプターあり!

開発中のミラーレスカメラとNIKKORレンズは、新たな次元の光学性能を追求するために新マウントを採用し、

というわけで今出ている情報で確定事項なのは「新マウントである」ということ。

フィルム時代から続く「不変のFマウント」と言われていましたが、トレードオフとしてマウント径の小ささは常に問題として付きまとっていました。

現時点でははっきりした事は分かりませんが、ティザー映像を見る限りマウント径はかなり大きそう。

一説では「中判デジタルの時代を見据えての事か」とも言われていて、ついつい期待しちゃう。

 

なお、マウントアダプターを介して、豊富なレンズバリエーションを誇るニコン一眼レフカメラ用FマウントのNIKKORレンズも使用可能です。

というわけでもちろんマウントアダプターも発売されます。

そもそも新マウントで大三元やら大口径単焦点やらが出揃う迄にかなりの時間がかかると思います。

やっぱり「今存在するFマウントのニッコールレンズが使いたい」というのは自然な流れで、既存のニコンユーザーにスムーズに移行してもらう為にもマウントアダプターは必須ですもんね。

僕のメインレンズもFマウントのマクロプラナーなのでこれはありがたい。

 

あのノクトニッコールが出るかも?(噂)

いまや伝説ともなっている「Ai Noct-Nikkor 58mm F1.2S」というレンズがあります。「ノクトニッコール」と呼ばれる「周辺までの全ての点光源を点として写す」レンズ。開放絞りでの撮影に全力を注いだレンズですが、1997年発売のオールドレンズにも関わらず、2018年7月現在でも40万円前後の値段で取引されているレンズです。

ノクトニッコールの再来かと話題になったのが「AF-S Nikkor 58mm F/1.4G」。三次元ハイファイという新たな設計思想の元に作られたこのレンズのウリは「点を点として写す」。

焦点距離といい、レンズ性能といい、ノクトニッコールの再来と言われるには充分だし、もちろん描写力も名前負けしない素晴らしいレンズ。

とは言え「Noct」の名を冠する事はなく、あくまでもユーザー評価。

前置きが長くなりましたが、現在、Noctの名前が商標登録された事が確認されています。そしてそれはフルサイズミラーレス向けのレンズになるのではという噂も。

あくまで噂レベルの話ではありますが、あのノクトニッコールがミラーレスにも登場!なんてワクワクしますよね。ほしい。

 

ニコンのフルサイズミラーレスは高画素機とエントリーモデルの2タイプ発売!(という噂)

昨今のSONYと同様、ニコンのフルサイズミラーレスも高画素機とエントリーモデルの2ラインでの販売となるという噂が出ている様です。

高画素機は4200万画素で約4000ユーロ(約52万円)、エントリーモデルは2400万画素で2500ユーロ(約33万円)なんて言われてますが、どうなるんでしょうか。

ニコンさんちょっと落ち着いてほしい。せめてレンズキットでFマウントアダプタ付きでこの金額にしてもらえると嬉しい。それなら買う。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
            
  • この記事を書いた人

しむ(コトバコ管理人)

カメラほしい

-一眼レフ・ミラーレス・コンデジ
-, , ,

Copyright© KOTOBAKO - コトバコ , 2018 All Rights Reserved.