ホーム画面 アイキャッチ

iPhoneのキーボードが重くなる、フリーズする不具合を解消する方法【iOS共通】

投稿日:2015年9月8日 更新日:

ついに明後日。9月9日の26時から、iPhone 6s / 6s Plusが発表されますね。

iPhone5sをお使いの方は2年縛りの節目という事もあり、待ちに待っている方も多いのではないでしょうか。

2年使ったあなたのiPhone、なんだか動作が重いと感じている方もいるかも知れません。

キーボードの表示が遅くなったり、入力が重くなったりしていませんか? 実はこのキーボード問題、簡単に解消できる方法があるんですよ。

今まで皆さんを苦しめてきたキーボードのプチフリーズ問題もコレでスッキリ解消するはず!

場合に寄ってはまだまだiPhone5sでいいや!とか思う人も続出するかも知れません。

僕はiPhone 6s plusを予約したいので是非みんなiPhone5sを使い続けたらいいと思う。心からそう思う。

 

スポンサーリンク

 

iPhoneのキーボードが重い。プチフリーズが発生する原因

皆さんが心待ちにしている解消法の前に、まずは何故そんな事象が発生するのかを説明させてください。

いきなり「はいコレやっといて」って言われても怖いだけだと思うので。簡単にでいいので理解しておいた方が安心です。

 

なぜキーボードが重くなるのか

いきなり答えを言ってしまうと、予測変換の学習が原因の様です。これに関しては僕もネットの情報で見た限りなので詳しい事は分かりませんが。

入力情報の学習結果をiCloud上に貯めていくらしいのですが、どうもキーボードを起動するときにその情報を読みに行くらしいんですよね。

その為長く使えば使うほど、学習内容が蓄積されて起動が遅くなる。と。つまりそういう事みたいです。

100%間違いないって訳ではないので話半分でいいです。ただ、上記原因に合わせた対策を行う事で劇的に改善したユーザーも多数いるのは事実なのです。

 

iPhoneのキーボード問題を解消する方法

と、言うわけなので、蓄積された学習内容をリセットしてあげる事で、キーボードが快適に利用できるようになります。

本当に1分で完了しますので、みなさんサクッとやっておきましょう。

Check Point

この方法を実行すると、キーボードの予測変換の内容が工場出荷時にリセットされます。
予測変換を今のまま使いたい場合はオススメできません。ご了承ください。
※辞書登録した単語が消えるワケではありません。

 

 予測変換の学習履歴 削除手順

さて、覚悟を決めた方はあと1分だけお付き合いください。

 

まずは [設定] アプリを起動し、メニューの中から [一般] を選んでください 。

ios-key1

 

 

一番下までスクロールして [リセット] を選択。

ios-key2

 

恐ろしいリセットメニューが並んでおりますので [キーボードの変換学習をリセット] をタップしましょう。間違えないようにね。

ios-key3

 

 

パスコードを設定している人は入力を求められます。指紋認証じゃダメ。

ios-key4

 

最終確認が表示されるので、赤字で燦然と輝く [辞書をリセット] をタップ。一瞬で終わります。

ios-key5

 

以上。 重いiPhoneのキーボード問題を解消する方法でした!

ほら1分だったでしょう。これであなたのiPhoneも見違える程サクサクになったはず。

100%の人がこれで解決するわけではないかと思いますが、かなり有力な方法ですのでキーボードに悩まされている方はぜひ一度お試しください。

それでは、良きiPhoneライフを!!

 

iPhone 6s plusは予約しなくていいと思うよ。うん。

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-Apple
-, , ,

Copyright© KOTOBAKO - コトバコ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.