ホーム画面 アイキャッチ

【晒します】iphone6のホーム画面を2画面下段運用にしたらものすごい捗る!!

投稿日:2015年5月12日 更新日:

フォルダーやランチャーはもう古い?これからはホーム画面2画面運用の時代!

おはようございます。しむです。

僕はiphoneにフォルダ機能が実装されて以来、フォルダ&ランチャーを利用した1画面運用で過ごしてきたのですが、iphone6を持って以来、コレジャナイ感があったんです。モヤモヤしながら半年以上使ってたわけです。

何がイヤって、上の方の列は指が届かないんですよ。使いたい機能にさっとアクセスできないのでは1画面運用のメリットはないわけで。ランチャーアプリもどうしてもタップ数が増えるので思ったよりも使い勝手が好みでなく。

という訳で色々模索した結果、2画面の下段のみを使う運用が個人的にドンピシャでものっすごい捗ったので、せっかくなのでシェアいたします!

 

スポンサーリンク


2画面下段運用。つまりこういうこと。

まずは下のホーム画面をご覧ください。3画面目以降はインスタグラムで使ってみたい写真加工アプリとかが雑多に並んでるので省略。

ホーム画面2画面

これが2015年5月現在のホーム画面

 

ごちゃっとアプリをばらまいておりますが、このホーム画面に分類説明を追加したのが以下。バッチ数が見苦しいのはご容赦を。

2画面運用 分類説明

ホーム画面に分類説明を追加

 

スポンサーリンク



 

そう、下3段を2画面で一列として利用しているのです。この並べ方に変えた事によって、よく使う(今後使いたい)アプリへのアクセスが下三段で収まっているのです。皆どうしてるのかは知らないけど、これちょー快適。じっくり使いたい機能は上段でもいいのです。とにかく使いたい時にすぐ起動したいアプリを下段へ移動。

ちなみにもっと詳しく言うと、よく使う(使いたい)アプリは各列の中央に寄せています。つまり、「写真」「Instagram」「Twitter」「FaceBook」が最もよく使うアプリ。次点で「FastEver」「FasEver Snap」「Feedly」「Pocket」となります。

なぜ中央に寄せているかと言うと、親指の可動域を考えると下の様になるのです。

親指の可動域

右手と左手の親指可動域

この図を見てわかる通り、右手で持っていても左手で持っていても、指を伸ばさずに届く範囲は下2段の中央がピタッとハマるのです。なのでよく使うアプリは中央寄せがオススメです!

 

おしまい

という訳で僕はしばらくこのホーム画面2画面運用で使っていこうと思います。これが思いの外快適なのです。ほんと試してみて。

もしかしたら僕が気づいていなかっただけで皆知っていることなのかもしれませんが、あまりの感動に涙を禁じ得ないレベルでしたのでシェアさせてもらいました。

他にも皆さんこだわりのホーム画面があるようでしたらぜひぜひ教えてください!お待ちしております!

 

スポンサーリンク


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-Apple, iPhone
-, , , ,

Copyright© KOTOBAKO - コトバコ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.