duet-official

iPadをMacのディスプレイ拡張に!アプリ「Duet Display」の設定と使い方

投稿日:2015年8月21日 更新日:

iPadをお持ちの皆さんはぜひ使うべきアプリ「duet display」。

少しお高いですが、これを利用するとあっという間にiPadをMacのサブ液晶、拡張ディスプレイにする事ができるのです。

本当に簡単に使えるのでさくっと説明しちゃいましょう。

Windowsでも使えるらしいのですが、動作が遅延するとかカクつくという噂もありましたので、今回はMacをベースに説明していきます。

iPadの設定

設定とか言いましたが、アプリをインストールするだけ。これはたぶん皆使い方分かると思うので画像は貼りませんが、AppStoreで「duet display」をインストールしてください。

アプリに1900円を出す勇気さえあれば難しくはない。

Duet Display

1,900円
(2015.08.21時点)
posted with ポチレバ

 

Macの設定

iPadにアプリをインストールしただけではデュアルディスプレイ化はできません。Macにもソフトウェアをインストールする必要があります。

こちらのduet公式サイトへアクセスし、画面上部の「Download Duet」をクリックしてソフトウェアをダウンロード。

 

ZIPファイルがダウンロードされます。任意のディレクトリで解凍。

 

duetのアプリケーションが出てきました。

これを「アプリケーション」フォルダに入れたら完了。

ポチポチと起動すると、下のメッセージが表示されます。「開く」をクリック。

duetを使うにはインストールと再起動が必要だよ!!!みたいな事を英語で言われます。たぶん。「Install and Restart Your Mac」をクリック。

新しいヘルパーツールの追加?許可する必要があるのでユーザ名とパスワード入力。「ヘルパーを追加」をクリック。

正しく起動されたら、本体ディスプレイ右上にduetのアイコンが表示されます。これで準備は完了。

 

iPadをMacに接続

上までの手順通りにやっていれば、Macのduetは起動済のはず。あとはiPadアプリ「duet display」を起動するだけ。

起動したらなにやらメッセージ。「Mac(もしくはPC)版のduetをインストールしてね」って事を言ってるはずなので気にせずに「Got It」をタップ。

gotit

 

また英語ですが「ライトニングケーブルでMacにつないでね」と言ってる気がするのでプスっと。

connect

 

 

settings初めて接続する場合、Macを信頼するかの確認メッセージが表示されますので「信頼」をタップ。これでMacがiPadを認識するので接続は完了です。

sinrai

 

設定メニューでは解像度やフレームレートなどの各種内容を変更可能。それぞれの言葉の意味が分からない人でも「省パワー」だとか「高パフォーマンス」とか丁寧に書いてくれているのでなんとなくで設定ができる。

settings

唯一気をつけなければいけないのは「ディスプレイ配置」。マウスポインタが2つの画面を行き来する訳ですから、左右の位置を正しく設定しないと恐ろしく使いにくいです。画面の上下位置も調整可能なので、自分の使いやすい位置に合わせて置きましょう。

display

ここまで設定すれば完了です。写真が暗くて申し訳ないですが、iPadをMacの拡張ディスプレイとして利用し、それぞれのディスプレイでブラウザでWEB閲覧できたりします。

finish

 

使い心地

解像度の問題もあって、情報の表示量はMacBook Proと比べるとやはり劣ります。それでもほとんど遅延もなくiPadをセカンドディスプレイとして利用できるというのは画期的ですね。

「このアプリの為にiPadを買う!」くらいならさすがに新しいモニタを買ったほうがいいとは思います。既にiPadをお持ちの方、そしてMacBookシリーズでディスプレイの広さに不便を感じている方には、間違いなく値段以上の効果を約束しますよ!!

Duet Display

1,900円
(2015.08.21時点)
posted with ポチレバ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-イロイロなアプリ, 仕事効率化
-, , ,

Copyright© KOTOBAKO - コトバコ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.