kindle-oasis

遂にリークされた2016年の新型Kindle「Oasis」は買いなのか考えてみた

投稿日:2016年4月12日 更新日:

こんばんはこんばんは。こんばんはしむですの。

このブログでは特にトレンドを追いかけるような事はしていないのですが、今日だけは話が違う。

新型Kindleが発表されるらしいですよ。商品情報のリークもあったらしいですよ。

Kindleの人と呼ばれてもおかしくないしむさんですから。こりゃ書かないわけにはいかないよね。

関連新型Kindle Paperwhite 2015 セットアップ手順と300ppiの画質を徹底解説!!!

関連3日で分かった、新型Kindle Paperwhite 2015のイイところとダメなところ

 

まだリーク情報のみで公式発表ではないのですが、待ちきれないのでソワソワしながら書いておきます。

追記:Kindle Oasisが発表されたので色々と比較してみました。やっぱりPaperwhiteがいいよ!!よかったら合わせて読んでやってください

関連Kindle Oasis, Voyage, Paperwhite比較してみたけどやっぱりPaperwhite買うべきだと思う

 

スポンサーリンク

 

 ついに2016年の新型Kindleが発表される

2016年も4分の1が過ぎましたが、新型のKindleが今週中に発表される様です。

情報元はAmazon CEO さんの先週のツイート。

 

 

4月4日のツイート。なので発表があるのは今週ですねはい出遅れました。

 

 2016年の新型モデルはKindle Oasis(キンドル オアシス)!?

そして本日、中国のECサイトから、新型Kindleについてのリークがありました。

詳しい情報は画像付きでGIGAZINEさんがまとめてくれてます。

参考バッテリー内蔵のレザーケースで数カ月の連続稼働が可能な「Kindle Oasis」の画像がリークされる - GIGAZINE

 

個人的に気になった所をメモメモ。
※公式の発表ではないので、話半分で読んでください。

 

物理ボタンによるページめくり

個人的には待ちわびた機能。

E-inkの画面をサラサラとタッチするのも悪くはないのですが、読書をするのに画面をフリックするのはめんどくさくてあまり好ましくはないんですよね。

読書に集中したい時にしかkindleは利用しないので、指の可動域はできる限り少ない方が望ましいと言うのが率直な意見。

本体デザインが左右非対称になるというデメリットはあるものの、そんなもん微々たるもの。

物理ボタンは正義。

 

バッテリー内蔵レザーケース

いい。非常に良い。後述する本体デザインに合った、まさに専用カバー。というより本体をカバーに合わせてデザインしてるけど。

どんな端末でもカバー装着派の僕としては何も問題はない。バッテリーを内蔵することによってカバーの値段が高くなりそうなのは怖いけど。

そんな事より何より、カバー表面のAmazonロゴ目立ちすぎ。あれだけは勘弁してほしい。

カバー装着でスタンバイ状態だとバッテリー持続時間数ヶ月との事。すんげぇ。と思ったけどKindle Paperwhiteは8週間。すんげえぇ。

 

バックライトの強化による視認性の向上

これも素直に嬉しいポイント。

特にKindleの利用シーンは屋外もしくは布団の中になるので、バックライトの輝度は選択肢が多いに越したことはない。

 

スクリーンの回転機能

ここまで激推ししてきた新型Kindleだけど、正直これはいらない。

天地が逆転できるのは、左右非対称になった事、物理ボタンを配置した事による弊害だと頭では理解してる。

持ち手側に物理ボタンを置こうとすると、どうしても手に寄って天地を逆転する必要がある。

けど、あれって反応遅いじゃん。誤検知もあるじゃん。

事前に設定した向きで読めればそれでいいんだよ。

Kindleは時間に余裕がある時に腰を据えて読むもの。なので自動で回転なんてする必要は全くない。

関連Kindle Paperwhiteを見開き表示・横画面モードで利用する

 

スポンサーリンク



 

残る問題はストレージ容量と価格

上に書いた通り、ほぼ買って損はない製品になると思います。(本体デザインには賛否両論あるかと思いますが。。。)

ただ、気になるのはやはりこの2点。

 

本体のストレージ容量

今までのkindleシリーズでもよく問題に挙げられていたのが本体容量。

4GB(使用領域は3.1GB)の容量では、小説などの文字ベースの書籍であれば十分なのですが、漫画等のイラストベースの書籍ではやはり物足りないものがあります。

実は最近はKindle Paperwhiteを持ち歩く機会も減っており、本当にじっくり読みたい本がある場合のみに限定されていました。

容量不足さえ解決すれば間違いなく常用する一品になります。これほんとに。まじでお願い。Amazonさんお願い。

 

価格

もう一つ、現時点で分かっていないのは価格。

スペックから見るとKindle PaperwhiteよりもVoyageの後継機になるのかな、と言う気がします。最上位モデル。25000円くらいするやつ。

 

ただ、最近はPaperwhiteもかなりスペックが向上していますし、当時のVoyageの様にスペックでの差別化は難しくなっていると思います。

高級ラインと一般ラインの様にライン分けするのもコストパフォーマンスがよろしくないかと思うので、このままラインを統一して、15000円くらいにならないかなぁと思ってみたり。

なるよね。きっとなる。まじでお願い。Amazonさんお願い。

 

そんな感じで、明日にも発表されるかもしれない新型のKindle(2016年モデル)。欲しいなぁ欲しい。

 

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-Kindle, デジモノ, デジモノ・文具
-, , ,

Copyright© KOTOBAKO - コトバコ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.