fujifilm-x70-00023.jpg

【レビュー】今もっともおすすめしたい高級コンデジ FUJIFILM 「X70」!所有欲が満たされる開封レビュー!!

投稿日:

先日、高級コンデジが欲しくて仕方なくて、勢い余って珍しく長ったらしい記事を書きました。

関連【高級コンデジ】GR2とX70だけじゃない!オススメしたい高級コンデジ8機種を全力でまとめてみた

 

で、これを書いた日には既にコンデジを手にしていたのですが、すっかりレビューを書きそびれてしまいまして。

今ようやく重い腰を上げてレビュー記事を書いています。

本当に満足度の高いカメラですので、ぜひぜひ見ていってやってください。

 

スポンサーリンク


 

究極のスナップシューター フジフィルム「X70」開封レビュー!

いつも通り開封レビューしちゃいます。さくさくっと開けていきましょう。

 

まずは外箱。しかくい。 この上なく立方体である。

Fujifilm x70 00001

 

 

この燦然と輝くX70の文字(くらい)。買ったのはシルバーです。

Fujifilm x70 00002

 

マークが4つ。左から専用スマホアプリのPicBridge対応。なんか転送速度が早いSDXCカード対応。HDMI出力対応。Wi-Fi転送対応です。

最近ではほぼ必須の機能だけど、Wi-Fiはなんだかんだでやっぱり便利。

Fujifilm x70 00003

 

同梱物ももりもりと入ってます。

Fujifilm x70 00004

 

 外箱から取り出すとくり抜かれた「X」の文字。細かいこだわり。

Fujifilm x70 00005

 

開けるとごわっと説明書。この手の機械はなぜか紙類多いよね。エコくない。

Fujifilm x70 00006

 

で、説明書をどけると本体と謎の空間が。謎は最後まで謎のままだったので、ただの空間が。

Fujifilm x70 00007

 

そのただの空間の下には、てんこ盛りの付属品があったりなんかします。前の記事でも言ってたけどてんこって何。誰も教えてくれないので調べてみたんだけど、山頂や空の上を意味する方言である「天骨(てんこつ)」から来てるんだって。へぇへぇへぇ。

Fujifilm x70 00008

 

付属品をまとめて出してみる。

左上から、アダプタ本体、アダプタの先っちょ、バッテリー、ストラップリング関連、USBケーブル、ショルダーストラップ。

Fujifilm x70 00009

 

ACアダプタとその先っちょ、USBケーブルをくっつけるとこんな感じに仕上がる。

Fujifilm x70 00030

 

 ようやくですが本体を見ていきましょう。この四角いのに丸っこい、矛盾を兼ね備えたフォルム…!

Fujifilm x70 00010

 

 天面のメカニカル感がまた所有欲を満たしていくわけです。レンズ周囲に見えてる数字はF値。絞りリングが付いてますの。

Fujifilm x70 00011

 

 正面向かって右側、ストロボの下側にあるスイッチはフォーカスの切り替えスイッチです。

Fujifilm x70 00012

 

カメラレンズは賛否両論あるキャップ式。キャップ装着時の可愛らしい印象から、キャップを外した時のクールすぎる姿へのギャップが堪らないので僕は賛成派です。キャップのギャップ。いやごめんなんでもない。

Fujifilm x70 00021

 

握り心地を向上させるグリップ。と思ったけど一週間ほど実際に使って分かったことはそれほどグリップ感はよろしくない。不慮の落下事故を未然に防ぐ為にもストラップは必須です。

ちなみに絞りリングの上にはコントロールリングというものが付いていて、事前に割り当てた各種操作ができますよ。画角のクロップを行うデジタルテレコンの他、フィルムシミュレーションの切り替えもここから可能。

Fujifilm x70 00022

 

正面から。この凛々しいお姿だけで我が家に迎え入れた甲斐があるというもの。ああもうカッコイイ…。

Fujifilm x70 00023

 

ちなみにレンズキャップの高級感も抜群。こう言った細かい部分は所有欲を満たすのに大きく貢献するので大事にしていきたいところ。

Fujifilm x70 00028

 

大切なレンズを守るため、なんと内側は起毛処理されている。裏起毛って聞くとエスキモーと混同してた小学生時代を思い出すよね。ウラキモー。

Fujifilm x70 00029

 

側面から。液晶面が若干厚みがありますね…。ものっすごい分かりにくいけど、写真のちょうど真ん中あたりに黒いまるいボタンがあります。

これは上で少し説明した、コントロールリングの割り当て機能を変更する為のボタン。コントロールリング設定ボタンと言うらしいです。

Fujifilm x70 00027

 

反対側面にはアナとアナとアナがあります。

Fujifilm x70 00025

 

microUSBのアナと、HDMI-microのアナと、マイクのアナでした。

Fujifilm x70 00026

 

背面はこんな感じ。ほぼ全てのボタンがファンクションキーになるのは便利だけど、十字ボタンの左側が死ぬほど押しにくいのはいただけない。

Fujifilm x70 00013

 

バッテリーとSDカードは同じ蓋から。コンデジなので仕方ないんだろうけど、一つの蓋に色々入ってると何故か不安な気持ちになるのは僕だけでしょうか。

Fujifilm x70 00024

 

天面。この少しグレーがかった暗めのシルバーが渋すぎてもうキュンキュンする。

Fujifilm x70 00014

 

このロゴがたまらない…!!ちなみに画像右側のメカニカルな穴はホットシューと呼ばれる部位で、各種アクセサリーをつけたり、電子ビューファインダー(EVF)を付けることができたりするところ。

Fujifilm x70 00016

 

スポンサーリンク


 

簡単操作で各種撮影モードへの切り替えが可能!

シャッタースピードダイヤル、露出補正ダイヤルの他、ドライブボタンとオートモード切換レバーが付いております。

Fujifilm x70 00015

 

 オートモード切換レバーについて少し補足すると、AUTOにしてない時はP,S,A,Mそれぞれのモードで撮影可能。AUTOモードを選択時はアドバンストSRオートというオートモードでの撮影に。画像は公式サイトから。

 

Automode

 

 もう一個分かりにくいドライブボタン。「DRIVE」ボタンを押す事で仕上がりの異なる各種撮影モードを選択することができます。こちらも画像は公式サイトから 

Drivemode

 

 小難しい話を公式に任せたところで続きいきましょう。

 

 

あらゆる角度から撮影可能な「チルト液晶」搭載! 

さてちょっとここでカメラのディスプレイを見てください。なんとこのディスプレイ、チルト液晶と呼ばれるものになっており、動くんですよ。うごくの。

Fujifilm x70 00017

 

ぐいーんて開くし

Fujifilm x70 00018

 

ぎゅおーんて上がるし

Fujifilm x70 00019

 

がっしゃーんと上がります。

Fujifilm x70 00020

 

こんな風に180度回転するチルト液晶は自分の目線とは違う高い角度や低い角度だけでなく、自撮りまでする事が出来てしまうわけです。

 

以上、開封レビューでした!

今回のねっとり開封レビューはここまで。ねっとりと堪能していただけたでしょうか。

購入してからもうすぐ二週間が経つのですが、毎日持ち歩けるコンデジは本当にいいですね。このサイズ感でAPS-Cセンサーのカメラがいつでも持ち歩けるというのはなんというか心の安定感が違いますようん。

次回はこのX70で撮影した写真も交えて紹介していきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いします。

本当にいいカメラですよ!!

 

今回紹介したカメラはこちら。ちょっと高いけど今年のベストバイと言っても過言ではない逸品です。

 

 

スポンサーリンク


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

-カメラ, デジモノ
-, , , ,

Copyright© KOTOBAKO - コトバコ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.